着付け資格を取得するメリット

今や特殊技能となった着付け

日常的に着物を着る機会はめったにないとはいえ、成人式や大学の卒業式、結婚式やお葬式、七五三など、着物が着たくなる機会は少なくありません。茶道や華道を習っている方なら、なおさらではないでしょうか。

 

ちょっとしたお出かけからフォーマルな場所まで、着物を身につけていると、より丁寧なもてなしを受けることができますね。逆に言うなら、日本の民族衣装・着物が現代の日常からかけ離れてしまった分、着物姿が珍重されているとも言えます。

 

それだけに、自分で着物を着ることができる人は皆無と言ってよいほど。ほとんどの人が、プロの着付け師に頼まなくてはどうにもならならず、着物を着る当日には朝早く起きて、プロに着付けてもらっているのが現状です。

 

着物の着付けができる人は、今や特殊技能の持ち主で、その技能を証明するのが、着付けの資格というわけです。

 

教室に通って資格を得る

昔のように、着付けが“母から娘へ”伝承されることがなくなった現在、信頼される着付けのプロとなるためには、まず、着物の着付け教室への通学からスタートするのが一般的です。

 

教室の講座には、自分で着物を着ることができようになる初級に始まり、他人への着付けができるようになる中〜上級まで、段階を踏んでステップアップしていくために必要なカリキュラムが盛り込まれています。

 

もちろん、技術の体得だけではありません。同時に、着物の歴史に始まり、織物や染め物、T.P.O.といった着物に関連する広範囲な教養もカリキュラムに含まれています。技術と知識の両面がバランスよく身についたことを証明するのが、それぞれの級の資格認定と言えます。

 

着付け師を目指す人の場合、一定レベル以上の資格は、就活の際に自分を後押する大きなメリットとなってくれます。もちろん、着物が大好きで、着物のある生活を楽しみたい方にとって、資格に裏打ちされた間違いのない装いが可能となることも、心強いのではないでしょうか。