着付け師になるには?

着付け師になるには

資格以上に知識と経験が大切

着付け師とは、他人への着物の着付け(他装)を生業とする人を指す呼称です。

 

着物姿に憧れながら、着物の身につけ方を知らない人が圧倒的に多い今の時代に、着付け師に必要なのは豊富な知識と経験、そして実力です。

 

着付け師のレベルを示すさまざまな資格がありますが、資格だけでは通用しないのがこの仕事の難しい点だと言えるでしょう。

 

着付け師は、着付けの専門家として、着物とその周辺についての幅広い知識を備え、着付けの高度な技術も持ち合わせていなくてはなりません。

 

「美しく着付ける」という結果がすべての世界で、プロとしての力が何よりも要求されるのが着付け師の仕事なのです。

 

資格取得は1つの目安

かつては母から娘に伝えられた着付けですが、身近に着付けができる人が見つかりにくい現代においては、『着付け教室』に通うのが一般的です。

 

着付け教室では、初級コースから始まり、徐々に上級コースへとステップアップしていきます。

 

修練を積んでいく課程で、上級コースに昇格するごとに、そのレベルに応じた資格を取得していく形となります。

 

着付け教室にも流派のようなものがあり、教室によっても呼び方は異なりますが、一般的に他装の可能なレベルは『師範免許』や『教授』と名付けられた資格です。

 

このような資格を取得し、一定のレベルに達したと認められると、着付け師として活躍する先生のアシスタント(手伝い)のような形で、仕事に同行する機会が与えられることもあります。

 

はじめのうちは雑用メインで働くことなりますが、徐々に現場の中で仕事を任せられながら着付けの技術を体得していけるでしょう。

 

このように師範クラスの先生や教室を介してプロへの道が開かれる場合もありますし、一方、結婚式場や写真館などに就職し、アシスタント勤務を経て、技能を磨いていく方法もあります。

 

着付け師とは、着付け以外にも、人を接遇したり、晴れの場の裏方としてトラブルに柔軟に対応できる判断力も求められる仕事ですから、はじめのうちは先輩から色々教わりながら、一人前のプロとして成長していけるのです。

 

何はともあれ、最初の一歩は教室に通うこと。そこから全てが始まります。

 

多くの教室では、全くの初心者向けに無料体験が開催されています。着物や小道具も貸してもらえるので、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

実際に動き出すことで、具体的なイメージも沸いてくると思いますよ。

 

失敗しない!教室選びのポイント

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
ブラッシュアップ学び」を活用すれば、無料で全国の着付け教室を一覧比較&一括資料請求できるのでとっても便利です。初心者向けからプロを目指す本格的なコースまで、まずは自分の目的に合った教室を選びましょう。申し込みは約30秒♪完全無料で利用できるのでぜひ試してみてください。

 

無料で資料を請求するボタン