着付け教室にクレームが多い理由とは?

憧れを現実にと思ったら…

独りで着物を着れるようになりたくて入った、着付け教室。

 

下着の着方に始まり、難しいと思っていた帯結びや振袖や留袖もマスターした。他人への着付もできるようになったら、着付け関連の資格も取りたいな…。

 

どのようなジャンルにせよ、向学心と学習の進歩は比例するものです。学べば学ぶほど、新しい世界が開けてくるはずですが…。

 

どういう訳か、着付け教室については、“学ぶ喜び”以外の事柄があれこれ取りざたされています。

 

理由の1つに、さまざまなクレームがあります。口コミから、その内容を探ってみましょう。

 

着物は帯の販売etc.

小物を買わされる

・稽古に必要とのことで、小物をいろいろと買わされた。後になってみると使わないものばかり。それも教室の大切な収入の1つなのか?

 

高額な着物の購入を勧められる

・授業が終わり、帰宅しようとしたら、引き止められてお茶とお菓子が出された。和やかな雰囲気の中、皆さんと会話を楽しんでいたら、講師が着物や帯を出してきて、熱心なセールスが始まった。着物を買うために教室に通い始めたわけじゃないのに…。

 

・無料レッスンに通ううち、着物や帯のセミナーが開かれ、参加したら、割引幅が大きいとのことで、数10万円の着物と帯のコーディネートを衝動買い。今考えると、密室商法のような雰囲気に押され、クレジットカードを使ってしまったことを後悔している。

 

上級コースへの勧誘がしつこい

・自分の着付ができればいいと入学したら、他人への着付のコース入学をしつこく勧められた。きっちり断り、上級クラスへは進まなかったが、実に後味の悪い終わり方だった。

 

資格取得までにかかるお金が不明瞭

・師範の資格を取りたいと思ったが、数10万単位のお金がかかると言われて諦めた。教室に入学する時に聞いたときはそのような話はなかったのに…

 

「先生」と「生徒」。主従に近い関係で、特に金銭に関わることに関して、納得がいかないものが多いという口コミが非常に目立っていました。