きものカルチャー研究所の特徴|口コミ・評判はどう?

3つの特色

「きものカルチャー研究所」は、2016年に創業84年を迎える、広島に拠点を置く染匠(そめしょう)株式会社を母体とした着付け教室です。

 

手結びの着付け教室を、本拠の中国地方をはじめ、関東エリアにかけて開いており、東京では、渋谷の恵比寿と世田谷の桜新町に教室があります。

 

また、通学できない人のために、インターネットによる「着付け入門講座」も展開していますが、こちらでは、通学制スクールに対する口コミをご紹介しましょう。

 

特色は3つあります。

 

1つ目は、マンツーマン〜最大4名までの少人数授業となっていることです。

 

2つ目は、前日までに連絡すれば、都合にあわせて授業の振替が可能なことです。

 

3つ目は、着物と帯については、貸し出しが無料となっています。また、着物セミナーの開催による着物の販売は行っていません。

 

着物や帯は無料レンタル

生徒さんたちの口コミも、前出の特色を評価したものが目立ちます。

 

・少人数なので集中できますし、わからないことは遠慮なく質問でき、納得して前に進むことができます。

 

・多忙なので、休まざるを得ないことが多いと、モチベーションにも影響が出てきますが、振替授業があるので、無事修了までこぎつけた。

 

・着物はまったく持っていなかったので、着物や帯の貸し出しが無料なこの教室を選んだ。

 

・32時間で着物が着られるようになる、とのキャッチコピーを見て、着物が着れるようになりたい一存で初等科を受講した。半衿の付け方から留袖まで、16回の授業で丁寧に教えていただき、独りで着れるようになった。

 

・最大4人の生徒までの授業だから、わからないところも遠慮なく聞けて、着付けがしっかり身についた。

 

・質の良い講師が揃っており、いやな思い1つすることなく、教室を修了できた。次は中等科に入って、人に着せられるようになりたい。

 

同スクールでは、生徒へのアンケートによって、講師の質向上に努めているそうです。

 

評判も上々となっていますので、これから着付けを学びたいという方は候補の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。