着付けの魅力とは?

着付け、自分でできますか?

着物は、日本の伝統文化。様式美の極みでもあります。

 

成人式や卒業式に始まって、観劇やお茶席、パーティや仕事始めの日…。格式の高いお出かけにも、ちょっとした及ばれにも、洋装よりも、着物で出席する方が、より改まった印象を与え、存在感を際立たせてくれます。

 

ご自分が着物を着た時の効果を十分知ったうえで、着物でお出かけされる方も少なくないのではないでしょうか。

 

でも、1年に何度も着物を着るのに、会合のある日は毎回、夜明けとともに起きて支度に出かけている、としたら。毎回、着付け師さんに頼らざるを得ないのは、ちょっと残念ではないですか?

 

知識とわざを体得して着付けを楽しもう

そんな方には、ご自分で着付けをおぼえられることをおすすめします。訪問着や色留袖など、これまでに着られた着物の種類はご存じかもしれません。

 

着物をより深く知り、着物の知識を十分に持ち、独力で着付けができるテクニックを手に入れたら、もう、誰にも頼ることなく、着物姿でお出かけできるようになります。

 

長襦袢に始まり、半衿の見せ方や帯の結び方などの装い方も、T.P.Oを考えながら、思うままに凝ることができますし、自分の体形を知ることによって、自分にふさわしい着付けによって、着くずれを防ぐこともできるようになります。

 

草履やバッグなどの小物のコーディネートに至るまで、あれこれ楽しむことでができます。

 

上品にも、あでやかにも、清楚にも。何度も着物で外出するうちに、着付けにもすっかり慣れ、着物を心から楽しむことができるようになります。

 

着付けの知識が豊富になれば、自分で着物を着る時だけでなく、お知り合いの着付けのお手伝いをしてさしあげることもできます。お知り合いに美しい和装を見ることも、大きな喜びではないでしょうか。

 

着付けができるようになると、世界がどんどん広がることは、着付けの大きな魅力と言えるのではないでしょうか。