着物の着付け教室にはどんな人が通っているの?

通学の動機はいろいろ

着物の着付け教室に通ってくる人々の動機は、さまざまです。

 

代表的なものでは、「お茶やお花を習っており、将来的に何度も着物を着なくてはならないので、自分で着付けができるようになりたい」など、必要に迫られたものがあります。

 

お茶やお花は日本の伝統文化の1つですから、お稽古が進めば進むほど、着物を着る機会も増えるもの。機会があるごとに、いちいち着付けに出かけているのでは、時間もお金もハンパなくかかります。

 

それ以上に、日本の伝統文化を学ぶ人は、同時に、民族衣装である着物に対する知識や教養が豊富であるに越したことはありません。自らの美しい着物姿をつくることは、必須事項とも言えるものです。

 

また、「七五三を迎えるわが子に」「成人式を迎える娘に振袖を着せてやりたくて」など、親心を感じさせる動機もあります。式から逆算して教室に通い、コツコツと学び、わが子の晴れ姿に備えるものです。

 

一方、「花火大会のデートの時、浴衣で現れて彼をビックリさせたい」という熱い想いを抱きながら通ってくる人も少なからずいるそうです。

 

着付け教室に通う皆さんが、自分の着付けから他人の着付けまで、いろいろな思いを抱いていることがよくわかりますね。着物にまつわることとは、一生の中でも大切なイベントとして記録に残るものばかりなのです。

 

着付けのプロを目指す人も

前出の3例は、その人の目的を達した時点で完了するものですが、中には、プロの着付け師を目標とする人々もいます。

 

プロの着付け師を目指す人々は、自分で着付けができる(自装)ことはもちろん、他人への着付け(他装)、さらには、最も手のかかる花嫁衣裳に至るまで、複雑多岐な着付けのテクニックをマスターしていきます。

 

さらに、プロに欠かすことのできない、着物にまつわる豊富な知識・教養も学んでいきます。着付けを一生の仕事としてきたい、着付け教室を開きたい、などと希望に燃えて通う人々です。