二級着付講師認定証とは?

『二級着付講師認定証』を取得するためのカリキュラムは、三級着付講師の認定を受けるために学んだ“独りで着物を着る・他人に着付けをする”着付けを一段進めたものとなります。

 

二級着付講師の教室へは、三級着付講師の認定を受けてから通う形となります。着付けの知識を深めるだけでなく、より高度な着付けのテクニックを修得したことを証明する民間資格です。

 

二級着付講師の教室のカリキュラムは、三級着付講師認定の教室で学んだ基礎をもとに、お裁縫による半衿のつけ方、留袖や振袖のひも使い、さまざまな帯結びやひも使いなど、より細やかで高度な技術を実習し、テクニックの修得を図ります。

 

七五三や振袖の着せ方など、華やかな着付けの楽しさを味わうことができます。

 

カリキュラムの主な内容は、次の通りです。

 

1)半衿の付け方
2)寸法に合わせての下着と補整をする・長襦袢の着方
3)ふだん着の着方・名古屋帯の手結び(実技と説明)
5)外出着の着方・袋帯の手結び
7)外出着の着せ方(ひも使い)
8)留袖の着せ方と手結び二重太鼓
9)フォーマルの着方と袋帯の柄合わせ
10)振袖の着せ方(ひも使い)「ふくら雀」
11)女袴の着付け
12)七五三/3歳・5歳の着つけと帯結び「わらべ」
13)留袖の着方・手結び二重太鼓

 

フォーマルな場にふさわしい着物や二重太鼓ををはじめ、初心者には難しい袋帯の「文庫」や「熨斗目(のしめ)太鼓」などさまざまな帯の結び方、名古屋帯の「つの出し」「銀座結び」などを体得していきます。

 

カリキュラムの課程において、お茶席に和装で出席するなど、日本文化に触れる講座を設けている教室もありますし、それぞれの流派ごとの簡略化された“長襦袢の着用の仕方”“や半衿の付け方”“クリップで作る二重太鼓”を教授してくれる教室もあります。

 

二級着付講師認定証は、実技と学科試験を受けることによって、授与されます。スキルとしては、着付け教室などで、講師の補佐として活動することが可能とされています。