基本的な着付けの方法

基本的な着付けの方法記事一覧

 

振袖の着付をする前に、まずは必要なものが揃っているかを確認しましょう。着物・帯・帯揚げ・帯締め・帯板・帯枕・肌襦袢と裾よけ(両方がつながったワンピース系もOK)・長じゅばん(襟が付いていて衿芯が入るようになったもの)・衿芯・伊達締め:2本・腰紐:5本・コーリンベルト(腰紐の追加でもOK)・タオル:3本・三重紐・足袋・草履・バッグ・髪飾りなど。1.足袋を穿きましょう。和装ブラジャーを付け、肌襦袢を着...

 
 

揃えるもの・喪服一式(喪服・帯/黒名古屋帯・長襦袢・喪服用の黒共帯・帯揚げ・帯締め・半衿/白・衿芯・肌襦袢)・着付け用の小物(白足袋・和装ブラジャー・補整用タオル、裾除け・腰紐:4〜5本・伊達締め:2本・帯板:前板・お太鼓枕・お太鼓枕用ガーゼ)・葬儀用小物(黒い草履とバッグ/喪服用、数珠・数珠入れ)「喪服着物」の着付け方法とは?1.和装ブラジャーなどの下着を身につけ、寸胴の体型に補正します。2.長...

 
 

小物や帯でモダンにアレンジするにしても、浴衣の基本の着付けはこちらの通りとなっています。準備するものは、浴衣・腰紐・胸紐・伊達帯・肌襦袢。下駄などがあげられます。1.ゆかたを羽織り、背縫いが背中の中心にくるようにします。2.左右の衿先を揃えたら片手で持ち、もう一方の手で後ろの背縫いを持って浴衣を持ち上げ、くるぶしがかくれるくらいの着丈に決めます。3.そのまま前に引きながら後ろの手を離すと、裾の位置...