「喪服着物」(女性用)の着付け方法

揃えるもの

・喪服一式(喪服・帯/黒名古屋帯・長襦袢・喪服用の黒共帯・帯揚げ・帯締め・半衿/白・衿芯・肌襦袢)
・着付け用の小物(白足袋・和装ブラジャー・補整用タオル、裾除け・腰紐:4〜5本・伊達締め:2本・帯板:前板・お太鼓枕・お太鼓枕用ガーゼ)
・葬儀用小物(黒い草履とバッグ/喪服用、数珠・数珠入れ)

 

「喪服着物」の着付け方法とは?

1.和装ブラジャーなどの下着を身につけ、寸胴の体型に補正します。

 

2.長襦袢を着、肌の露出は極力少なくするため、控えめに衣紋抜きをします。

 

3.背縫いを背中の中心に合わせた後、半衿を固定し、襟元を揃えます。衿合わせは深めにし、半衿は細めに、1〜1.5cmほど出します。

 

4.左手で背縫いを右手と同じ高さに持ち、着物を脇の下まで持ち上げてから身体に沿わせ、静かに下げ、床の高さすれすれまで平行に下ろします。

 

5.上前幅を決めてから、下前も、褄を床から15cmほど上げて、決めます。

 

6.上前が足の甲に少しかかる位置で腰紐を結びます。

 

7.身八つ口から左右の手を入れ、後から前の順序で、すべてを下ろして整え、おはしょりを作ります。背縫いが背中の中心に来ることを確認しながら、衿を持って上から下の順に深く合わせ、衿合わせをします。

 

9.長襦袢の衿に沿って、下前の衿を整え、胸紐をかけます。アンダーバストの下2〜3cmから後ろで交差させ、前に戻し、2回交差させてから、脇の下に挟み込みます。

 

10.前後のしわは両脇に引っ張り、ダーツを作るような感じで両脇にきれいにまとめます。

 

11.おはしょりを整え、伊達締めを締めたら、全体をチェックします。

 

喪服の着付けの際に注意したいことは次の通りです。

 

※帯締めは下向きに締め、帯揚げは少し見えるくらいとします。

 

※喪服は5つ紋付きのものとなっています。前から見た場合、袖の「抱き紋」が左右対称に見え、後ろ姿を見た場合では、「背紋」が背中の中心にあることは着付けの必須条件です。少しでもずれると目立ちますので、正確なバランスを保ちましょう。