「振袖」の着付け方法

振袖の着付をする前に、まずは必要なものが揃っているかを確認しましょう。

 

着物・帯・帯揚げ・帯締め・帯板・帯枕・肌襦袢と裾よけ(両方がつながったワンピース系もOK)・長じゅばん(襟が付いていて衿芯が入るようになったもの)・衿芯・伊達締め:2本・腰紐:5本・コーリンベルト(腰紐の追加でもOK)・タオル:3本・三重紐・足袋・草履・バッグ・髪飾りなど。

 

1.足袋を穿きましょう。和装ブラジャーを付け、肌襦袢を着たら、補正パッドでずん胴の体形に補正します。

 

2.長襦袢を着、衣紋をぬきます。衣紋の形を崩さないように、下前を合わせます。はじめに右側、次に左側を合わせます。最後に長襦袢を腰ひもやマジックベルトで固定し、ついたしわを伸ばします。

 

3.振袖を羽織って、左右の衿合わせをします。

 

4.上前幅を決めます。裾はあまり引き上げないようにしながら、右の腰骨より 1〜2cmほど深くなるようにして決めていきます。

 

5.上前幅を決めたら、上前を開いて下前を入れ込んでから、褄先(つまさき)を約15cmほど引き上げ、身幅の余分は折り返します。※裾さばきを良くするために、下前は15cmほど引き上げます。

 

6.しわを伸ばしながら、合わせた上前がずれないように、腰紐をしっかりと締めていきます。ずれることがないように注意深く行います。

 

7.前後のおはしょりを下ろし、下前の衿合わせをし、胸紐の下から、胸元のしわを下に引いて胸元をきれいに整えます。

 

8.衿元を整えたら、袖付けの始末です。長襦袢と振袖の袖の長さがぴったり合うようにします。

 

9.身八つ口を整えたら、前のおはしょりの長さを決めてから整え、続いて後ろも整えます。

 

10.衿を抜いたバランスや全体的にしわ、たるみがないか確認後、帯結びとなります。振袖の場合、帯は胸高に巻きます。帯幅は18cm前後が平均です。

 

美しい振り袖姿が出来上がりました。

 

最後に、クリップの外し忘れがないかを確認して完成です。