「浴衣」の着付け方法

小物や帯でモダンにアレンジするにしても、浴衣の基本の着付けはこちらの通りとなっています。

 

準備するものは、浴衣・腰紐・胸紐・伊達帯・肌襦袢。下駄などがあげられます。

 

1.ゆかたを羽織り、背縫いが背中の中心にくるようにします。

 

2.左右の衿先を揃えたら片手で持ち、もう一方の手で後ろの背縫いを持って浴衣を持ち上げ、くるぶしがかくれるくらいの着丈に決めます。

 

3.そのまま前に引きながら後ろの手を離すと、裾の位置が自然と決まります。

 

4.両手で衿の両端を持ち、右手で持った下前を左の脇に運び、端を10cmほど上げて重ねます。反対の左手に持った端は5cmほど上げ、しっかりと合わせます。

 

5.合わせた箇所を右手でしっかり押さえながら、左手で腰紐をあて、後ろで交差させてから、前に戻します。※腰紐が緩いと裾が崩れる原因になります。

 

6.身体に食い込まない程度にしっかりと締めた腰紐を前で片花結びにします。余分な紐先は腰紐に挟み込み、ほどけにくくしましょう。

 

7.前と後ろにとっていたおはしょりをすべて持ち上げてから、身八つ口から手を入れ、しわを左右に逃がしながら、きれいに整えていきます。※おはしょりは、上見頃のおくみ線とぴったり合うようにすることが大切です。

 

8.衣紋をこぶし(か指3本分くらい)が1つ入るくらいに抜きます。夏ですので、広めに抜きますが、開けすぎるとだらしない印象になります。※注意:中心に背縫い線があるか常に確認しましょう。

 

9.衿合わせが喉の窪みに来るようにしたら、衣紋が崩れないように、下前を丁寧に引き出し、掛け衿の所から中に折り込んで自然に下ろします。

 

10.折り込んだ下前を押さえながら、上前を上に被せ、衿元を整えます。

 

11.胸紐は、アンダーバストよりも数p下に、締め付けない程度に結びます。紐先は、交差させてから胸紐に挟み込みます。

 

12.おはしょりのバランスが整ったことを確かめたら、伊達締めをします。おはしょりの際に余った部分は、伊達締めの中にきれいに収めましょう。