美保姿きもの学院の特徴|口コミ・評判はどう?

4県に9教室

美保姿(みほすがた)きもの学院は、全国に50教室を展開する全日本着装コンサルタント協会(本部:大阪)の認定校で、長野など4県に9校が運営されています。

 

学院名の美保姿とは、“姿を美しく保つ”意味だそうです。

 

特色は、マンツーマン指導です。わからないことは徹底的に教えを乞い、先生を独占できます。自宅への出張授業もあります。

 

レッスンの所要時間は週1回90分。時間の都合がつかないときは、翌週への振替も可能です。

 

クラスは次のとおりです。※( )内は期間と取得できる資格

 

速成科

半衿・長襦袢・美保帯・名古屋帯を1カ月でマスターできます。

 

本科

浴衣から小紋、訪問着、袋帯や二重太鼓まで、自装を学ぶことができます(1カ月/3級着装講師)。

 

専科

振袖や伊達衿、ふくら雀や男性の帯結びなど、帯結びのバリエーションを学ぶことができます(2カ月/2級着装講師)。

 

研究科

変わり手結びと留袖の着付け、七五三の帯結びを学ぶことができます(2カ月)。

 

師範科

振袖や訪問着などの着付をマスターする(2カ月/1級着装講師)。

 

各科の修了者には、認定式の際に、学院が所属する全日本着装コンサルタント協会(本部:大阪)による認定証が授与されます。

 

入学を検討中の人には、授業の雰囲気を体感できる90分の無料体験『お試し稽古』が用意されています。もちろん、こちらもマンツーマンです。

 

販売会は不参加でもOK

口コミはどんなでしょうか。

 

“着物を買わされる”と各教室で不評の販売会は、同学院でも定期的に開催されます。と言っても、参加・不参加は自由度が高く、

 

「途中で帰ってもいいし、不参加でもよいと言われ、結局、最後まで行かなかった。」

 

他では、

 

「グループで地域の盆踊りに参加し、実践としてもよい思い出になった。」

 

「箪笥の肥やしの出番が増えた。この楽しさを娘にも伝えたい。」

 

マンツーマン、個人対個人の授業ですから、表立っての批判は難しいのではないでしょうか。