着付けの資格はどれくらいの期間で取得できる?

目指すレベルによって異なる

着付け画像

一概に着付け資格と言っても、その名称や技能レベルは様々です。

 

趣味の範囲で自分で着物を着ることができるレベルで良いのか、それとも講師のように、仕事として通用するレベルを目指すのかによっても、資格の取得期間は異なります。

 

まずは、自分がどの程度のスキルを身に付けたいのかを明確にしておくことが大切です。

 

大きく分けると3段階

着付けのレベルは下記3段階に分けられます。

初級レベル

未経験者が自力で着物を着ることができるようになる。

 

中級レベル

自分に限らず、他者に対しても着付けができるようになる。

 

上級レベル

着物や着付けに関する幅広い知識と高度な技能を持ち、プロの着付け師としても活動できる。

 

「彩(さい)きもの学院」の場合

彩きもの学院画像

 

人によって自らに課すレベルは異なると思いますが、一般的にどれくらいの期間で資格の取得が可能であるか、代表的な教室を例に出してご紹介します。

 

資格の名称や流派に違いはあるものの、身に付けられる技術や期間は他スクールと大きく変わりませんので、参考にしていただければ幸いです。

 

関東圏内に8つの教室を展開する「彩きもの学院」の資格取得までのスケジュールは以下になります。

 

入門科 -着物を着てみる-

経験ゼロ、全くの初心者が着物とふれあい楽しみながら、何とか自分で着られるレベルです。

期間

2ヶ月(8回受講)

資格

 

基礎科 -1人で着る・他人に着せる-

基礎的な着付けの知識・技術を一通り習得できるレベルです。主に着付け・帯結び・他者に着付けるスキルを学びます。

期間

9ヶ月(36回受講)

資格

「三級着付講師認定証」を取得

 

研究科 -着付けの研究-

基礎的な技術に加え、さらに美しく装うための高度な半衿の付け方・下着の付け方・帯結びなどを学びます。

期間

9ヶ月(27回受講)

資格

「二級着付講師認定証」を取得

 

経営科 -着付け教室の開講-

生徒に指導するスキルや経営ノウハウに加え、バリエーション豊富な帯結びや花嫁衣裳の着装技術などを学びます。

期間

6ヶ月(18回受講)

資格

「一級着付講師認定証」を取得

 

まとめ

着付け画像2

趣味の範囲で、自分で着物を着れれば良いと考えている方は、資格云々にこだわらず「入門科」の2ヶ月間の学習のみで充分です。

 

さらに次のステップに進み「基礎科」を習得することで、「3級着付講師認定証」を取得できますので、資格取得までの期間は「入門科(2ヶ月)」+「基礎科(9ヶ月)」=11カ月(44回受講)となります。

 

一方、プロの着付け師や教室の開業などを目指す方は、基礎科の後に、研究科・経営科のマスターが必須となります。

 

研究科で「2級着付講師認定証」、経営科で最上級資格「1級着付講師認定証」を取得して初めて、プロの土俵に立てる知識と技術を身に付けられるのです。

 

今回例に出した「彩きもの学院」では、最上級の資格を取得するまで、初歩から順調に学習を積んで計26ヶ月、つまり2年2ヶ月かかる計算となります。

 

これは「彩きもの学院」に限らず、どの教室に通っても同様と考えて良いでしょう。

 

資格を取得するには?

着付け画像3

どんな方にせよ、資格の取得を目指すのであれば、まずは着付け教室に通う必要があります。

 

着付け教室は全国に無数にありますが、それぞれ取得できる資格・学べる流派・受講料・学習期間などが異なります。

 

優秀な着付け師が講師を務める健全な教室がある一方で、着物や帯を無理やり売りつけられたり、「資格認定料」と称して高額な請求をしてくる悪質業者も跡を絶ちません。

 

トラブルに巻き込まれないためにも、事前に複数の教室から資料を請求、よく比較検討したうえで申し込むことをおすすめします。

 

教室選びのチェックポイント

教室を選ぶ際は、必ず以下のポイントを確認したうえで申込みましょう。

どんな資格が取得できる?
費用はどれくらいかかる?
学習期間はどれくらい?
講師の実績は?
着物や帯のレンタルはできる?

 

教室選びで失敗しないために

1,まずは資料を請求する

まずは、出来る限りたくさんの教室からパンフレットを取り寄せましょう。

 

資料には、教室の紹介・講師のプロフィール・料金情報以外にも、着付けに関する豆知識や実際に受講した方の体験談など、無料とは思えないほどの情報が豊富に掲載されています。

 

資料をパラパラと眺めて、各教室の特徴を理解したら、直感で構いませんので、気になる講座を2つ3つピックアップしてみましょう。

 

2,無料体験レッスン

資料を確認すると分かりますが、多くの教室で「無料体験レッスン」が実施されています。

 

すぐに本講座に申し込むのではなく、まずは体験レッスンを一度受講してみて、実際の教室の雰囲気や講師の指導方法など自分の目で確認したうえで最終的な判断を下すと、失敗するリスクも大幅に減らせると思います。

 

一見面倒な作業に思えるかもしれませんが、大事な「お金」と「時間」を投資して学びに行く訳ですから、教室選びは慎重に行うことをおすすめします。

 

評判の良い教室はどこ?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ」学びは、着付け教室の掲載数No.1の資料一括請求サイトです。各講座の特徴を一目で比較&まとめて資料請求ができるので大変便利です。全国の評判の高い講座が選りすぐりで掲載されているのも嬉しいです♪着物を持っていなくても参加できる講座もたくさんありますので、気になる講座があれば気軽に体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか。

 

無料で資料を請求するボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

世の中には、意外なところに資格が存在しているものですよね。私が最も驚いた資格の一つに、着物の着付けに関する資格があります。確かに、着物を着付けるのは非常に難しいものですが、資格があるというのは非常に意外でした。しかも、国家資格に準じた資格も存在しているのですから、尚更びっくりですね!それだけ、着物を日本の文化として大切にしていきたいという意識の表れといえますね。そんな着物の着付けの資格ですが、具体的にはどの程度の期間で取得できる資格なのでしょうか?今回は、着付けに関する資格の取得期間について紹介していきます。着付けのレベルによって資格も異なる!着付けと一概に言っても、単純に着物を着ることができるレベルと、プロのスタイリスト顔負けの着付けができるレベルなど、そのレベルに応じた資格があります。初級レベルの資格と比較して、プロレベルの資格ともなると期間も当然ながら長くなりますし難易度も格段にアップします。まず、とりあえず着物を着付けることができる初心者レベルとなると、概ね2ヶ月程度で取得できます。初級レベルから一歩踏み込んで、一人で着付けることができ、着物のコーディネートもある程度できるようになるレベルの場合は、約9ヶ月間かかります。このレベルになると、着物の知識についても問われてきます。最後に、プロレベルの美しい着付けができるレベルになるためには、実は中級レベルと同じ程度の期間がかかります。ただ、誰でも資格を取得できるわけではなく、センスも問われます。着付けをビジネスにするための資格は?着付けをビジネスとしたい場合は、一級着付講師の資格を取得することになります。ここまで来ると、単に着付けの知識だけでなく、経営学も学ぶことになります。ただ、期間的に見れば約6ヶ月程度で取得できる資格となっています。指導することも重要な仕事となるので、コミュニケーション力もこの資格を取得する上で重要になります。