ワノコト着付け教室の特徴|口コミ・評判はどう?

和はお洒落!のコンセプト

「ワノコト」(WAnocoto)を運営する株式会社くるりは、2001年に創業されました。

 

“スタイリッシュな日本”をコンセプトに、茶道や華道をはじめ、友禅染めや和菓子など、日本の伝統文化に関わるさまざまな教室を展開しています。

 

教室の名称にも感じられる通り、現代感覚と、受講希望日は前日まで予約を受け付けるなど、自由度の高さが若い世代を中心にアピールしています。

 

着付け教室は、運営会社が入る青山通りに面したビルの2階と吉祥寺にあります。

 

「初級レッスン(全8回)」と「中級レッスン/パーフェクト着姿コース(全4回)」を終了すると、一般社団法人 きものファッション協会の認定資格「着物アドバイザー」を取得することが可能です。

 

同校の特色は、入会金が不要なことに加えて、月謝制ではなく、1レッスン=1チケットのチケット制を採用していることです。

 

初級レッスンの場合は8枚で修了するかたちですが、復習を希望する場合は、新たに必要な枚数のチケットを購入するかたちとなります。

 

チケットは1枚4500円となっており、2000円の会費を支払ってメンバーになると、3000〜3500円の割引価格で購入できます。

 

なお、チケットは、同校で開講されているすべての講座(華道・茶道・日本茶・書道ほか)の受講に使うことができます。

 

口コミは次の通りとなっています。

 

チケット制と夜間開講が高評価

・夜間のクラスはフリータイム制になっており、午後6時から7時半までに入室すれば、90分の授業が受けられる。仕事が退けると直行するのは大変だったけれど、独りで着物が着られるようになったのだから、めでたしめでたしです。

 

・所定の講座は終了したが、苦手な箇所があったので、チケットを余分に購入して、納得いくまで先生におさらいすることができた。

 

・チケットが余ったので、日本茶や和菓子などの講座の受講に使い、有意義な時間を過ごすことができた。